宮城県警からのお知らせ

~家族の絆作戦で振り込め詐欺を撃退!~

■家族の3つの約束■
1) 電話で「お金」はせがまない!
2) 警察や市役所等から「お金」に関する電話が来てもすぐに信じない!
3) 「お金」の要求があれば家族や警察に相談する!

◎「家族の絆」が、振り込め詐欺被害防止の特効薬です!

《日頃からの心掛け》
○留守番電話に設定
○知らない声や電話番号には出ない
○「お金」を郵送したり、他人に手渡さない

~ それでも被害にあってしまったら ~
○警察に被害申告しても、新聞等に名前が載ったりすることはありません。
○騙されたことに気がついたら、まずは警察に振り込みの明細書や電話を受けたときに自分が書いたメモなどを持ってすぐに被害申告に行きましょう。すぐに行けば、あなたが振り込んだお金が引き出される前に、振込先口座の凍結ができるかもしれません。
○一度振り込んでしまった人は、何となく相手の話がおかしいと気づいても二度、三度と振り込んでいます。恥ずかしがらずに、おかしいと感じたらすぐに信用できる人に相談しましょう。


※当ページ(宮城県読売会)では通報、相談等の受付・取次ぎは行っておりません。また、コメントをいただきましても返信は行いません。
急を要する事件・事故の通報は110番をご利用ください。
また、急ぎではない警察への相談などは、警察相談専用電話「#9110」をご利用ください。

~ストーカー被害相談窓口~

◇ 被害の相談は、各警察署の「生活安全課」にご相談下さい
警察では あなたを守ることを最優先に考えて、相談体制を整えています。
○ストーカー被害を受けたときは、次のポイントを参考にして、被害状況を記録するなどしておきましょう。
○ストーカー規制法に基づく措置をとるためには、被害の状況を明らかにすることが必要です。

・被害を受けた日時、場所、相手の車両ナンバー、目撃者などの細かい記録
・相手の具体的な言葉や動作などの記録
・つきまといなどの各行為において利用された電話の会話内容のメモ化やファクシミリ・電子メール・手紙などの内容
・留守番電話や会話の録音、写真による記録


※当ページ(宮城県読売会)では通報、相談等の受付・取次ぎは行っておりません。また、コメントをいただきましても返信は行いません。
急を要する事件・事故の通報は110番をご利用ください。
また、急ぎではない警察への相談などは、警察相談専用電話「#9110」をご利用ください。

読売新聞購読案内

宮城県内読売新聞販売店一覧