はぴよみタイムズ

ピーター・アーツ特別企画[5]『ピーター・アーツ スピリット2016』

12月10日(土)AM10:30よりミヤギテレビにて放送!

2016年11月20日(日)、夢メッセみやぎにて、『ピーター・アーツ スピリット2016 全日本大会』が開催されました。
各ブロックの大会を勝ち進んできたアマチュア選手たちが激闘を繰り広げ、ここ仙台で記念すべき初代王者が誕生するという注目のイベント。
今回は、ピーター・アーツ特別企画[2]でご紹介した、プロ志望の石巻市出身の兄弟を追跡取材してきました!

■[第11試合 中学生60 kg級 決勝]

まずは万石浦中学校2年生、弟の倉持 天一夢(くらもち てんま)くんが登場。

序盤から積極的な攻めをみせ、相手に反撃の隙を与えぬまま、相手からダウンを奪います。
所属する鷹虎ジムの会長曰く、気合が入りすぎて大振りにはなっていたものの、しっかり相手の動きは見えていた様子の天一夢くん。
その後も攻撃の手は緩むことなく、2ラウンド 0分37秒でKO勝利!!
見事、中学生60 kg級の初代王者に輝きました!
試合中の表情とは打って変わって、勝利を決めた直後にみせたあどけない満面の笑みがとても印象的でした。

■[第14試合 一般65kg級 決勝]

今度は兄・倉持 心一夢(くらもち しいま)くんの登場です。

高校生以上は一般の扱いとなるため、相手は社会人の選手。
試合のレベルも一気に上がり、会場の空気もピンと張り詰めます。
一瞬の油断が勝敗を決める戦いであり、セコンドや客席からの声援も一段と力強いものに。
互いに一歩も譲らない試合展開となった心一夢くんの戦いは、手に汗握るまま2分3ラウンドが終了、運命の判定へ―

ジャッジは3-0で心一夢くんの勝利!!
心一夢くんの右腕が上がった瞬間は広報係も思わず感涙!大きく胸をなで下ろしました。

ベルトを授与された後もずっと浮かべていた心一夢くんの険しい表情がこの試合の厳しさを物語っているようでした。

■大会終了後、2人に今日の試合についての感想を伺いました!

倉持 心一夢くん(18) トリニティインターナショナルスクール(バンコク)在学中 画像左
倉持 天一夢くん(15) 万石浦中学校2年生 画像右


心一夢くん
コンディションが整っていれば、完璧に勝てる自信がありました。
でも実は、大会前からのケガ(足)の影響が大きくて、少し不安がありました。試合中は前蹴りしか出せず、相手と距離を置きながらの戦いしかできませんでした。
3ラウンド終了時には、すでに足の限界がきていたので、もし、判定でドローになってしまったら延長戦は難しいと思っていたので、3-0で勝ててホッとしました。
●今後の予定は?
この大会への出場は今回が最後です。来年はプロへ転向する予定です!

天一夢くん
ケガをしていましたが、調子自体はとても良く、勝てるとしか思っていませんでした。
試合中は気持ちが空回りしないように、冷静になることを意識していました。
カウンター が入ったのが勝つ決め手になりました!
父もすごく喜んでくれたのでよかったです!
※カウンター:相手が打ってくるのと同時にパンチを出し、相手に対して大きなダメージを与えるパンチで、非常に難しい攻撃テクニックの1つ。
●今後の予定は?
まず、足のケガを治さないといけないので、今後の試合は未定です。
もっといろんな大会に出て、ベルトをたくさん獲りたいです!

二人が所属する「鷹虎キックボクシングジム」のホームページはコチラ♪ 見学も自由です!
http://www.takatora-gym.jp


また、大会MVPは、鷹虎ジム所属の小学6年生 雨宮琉空(あまみや りく)くんが見事選ばれ、副賞として、オランダにあるピーター・アーツ氏のジムで一週間学べる権利を獲得するなど、鷹虎ジムの選手が大活躍で幕を閉じました!

12月10日(土)AM10:30よりミヤギテレビにて放送!

「ピーター・アーツ スピリット2016 全日本大会」試合結果
http://peteraertsspirit.com/event/event-20161120

■『アキシブProjectライブイベント』

大会の中盤には豪華なライブイベントも!
“東京・秋葉原最大級の人数を収容できるライブハウス「TwinBox AKIHABARA(ツインボックス アキハバラ)」をホームグランドとしてライブ活動中の女性アイドルグループ『アキシブProject(プロジェクト)』が登場し、東京から駆けつけたファンの方々の声援もうけながら、息の合ったパフォーマンスを披露!
会場を大いに盛り上げてくださいました!

ちなみに、このアキシブProjectのメンバーの一人、船木沙織さんは、鷹虎ジム会長の娘さん♪
※この日はポニーテール姿で登場!

くわしい活動内容はこちら
↓↓↓
http://akishibup.net

読売新聞購読案内

宮城県内読売新聞販売店一覧