アートなみやぎ

第7回「ステンドグラス作家 五十嵐沙予」

プロフィール

いがらし さよ
神奈川県横浜市出身
1987年 第1回日本ステンドグラス作家協会公募展審査員特別賞受賞
1988年 ステンドグラス工房べるふぁむ設立

主要作品
1988年「天女舞」(仙台青葉祭り 藤崎デパート恵比寿山鉾)に始まり
2017年 「always better」(飯館村 道の駅 までい館)と現在に至るまで
50点以上を教会や病院、学校施設などに作品を提供。

■ステンドグラスとの出会いは?

36歳のときに、自分の中から湧き上がる創作意欲が湧き上がってきたの。
そのはけ口がわからず、最初は吹きガラスに挑戦しようと思って、当時横浜にある
工房に赤ん坊だった息子を背負っていってみたんだけど
赤ちゃんの髪に燃え移ったりして危ないから、お子さんが
大きくなってから来てくださいっていわれて。
その後、主人の転勤で仙台へ。こちらでも吹きガラスの工房を探したんだけど
一番近くても岩手県で、金額的にとても無理だった。
それでも、ガラスで何かを表現したいなって思っていたときに、たまたま
西武デパートでステンドグラスの個展にいってみたら、あまり色を使わない作品に心惹かれて。
その作家さんにすぐに「習わせてください」ってお願いしたのが最初だったわ。

ステンドグラス作品

■どのように勉強したのですか?

その当時は本当に生意気で教室に入会するとき先生に「プロになりたいから
そのように教えてください」っていったの。先生は驚いていたけど当時は本当にそう思ってた。
たとえ4流、5流でも1流を目指す自分でいたいっていう、何事にもそういうところがあったから。
ただ、やってみると、ステンドグラスって一番好きじゃないことだったのよ(笑)
イメージを固めて一発で、というのが好きだったんだけど、チマチマチマチマ…。
要領がよく、手先が器用な方が多いまわりのみなさんに最初は
気後れしたけど、プロになるっていった手前引き下がることも出来ず
一生懸命やったわ。

ハンダ01

■独立までの経緯は?

教室に通って1年あまり。私は早く自分の発想を表現したかったんだけど
教室にいては先生に直されて、当初のイメージから離れてしまうので
「もうここにいちゃ駄目だな」って思い始めて、営業をすることにしたの。
でも全然勝手がわからないから、電話帳を広げて、設計のところを見ていたら、
ひとつ、字がびよ~んって見えた会社があったから「あ、ここだな」と思って電話したんだけど、
営業なんかしたことないし、しどろもどろでしゃべってたら
「どうぞ、ゆっくりお話ください」って女性の方にいっていただいたの。
そこで落ち着くことが出来て、係りの人に代わってくれて、対応してくれたんだけどそのときに
「営業って言うのはまめにやるものです。がんばってくださいね」といわれて。
だから私、その言葉を真に受けて、翌日豆買ってその会社に行ったの(笑)
係りの人も大笑いして豆を受け取ってくれて。
その後、日大の芸術学を出ている所長さんに会って、美術の手ほどきをつけていただくようになったの。
私の技術は素人だったけど所長さんが、「あなたの線はいきいきして女らしい、色気のある、
すばらしいラインを出す。このラインは個性だから大事にしなさい」っていってくれて。
これが私の宝になった。わからないけどいいとこがあったんだろうって。
その約一ヶ月後に初仕事になる青葉祭りの山鉾の依頼があったのよ。

ステンドグラス

■初仕事、早いですね!

社長が青葉祭りを始めた方だったらしく。巡航する山鉾の藤崎さんの5台のうち
一台を私のためにステンドグラスにしてくださったのね。
わけがわからず、藤崎の仙台の社長のとこに連れてってくれて。
実はまだ教室にも通っていたから、先生に
「こんな話になっちゃいました」っていったらびっくりしてね。
まず、山鉾にいれる絵を描いて、所長に見せたら「これはすばらしい」っていってくれて
これでいこうってことになったんだけど、先生に「これはステンドグラスにならないから、
自分で書き直します」っていわれて、結局別のものになっっちゃった。
今でも私の作品として山鉾にはいっているけど、その後、もっと自由に、駄目でものびのびやりたいの
でやめたいって先生に言ってね。37歳で独立。

ステンドグラス作品

■教室はやられたのですか?

ええ。独立してすぐに始めたの。
近所の方を集めて、最初は無料だったわ。
けどそれじゃ悪いからって、生徒さんが500円出してくれるようになって(笑)。
一番大きい時は二日町にお店を構えたときで
生徒さんも44名いて、作業台が何台あったかわからないくらいだった。
私の教室はコツから教えるからみんな1年で全部覚えることが出来るんだけど
ずっと通ってくれる方がたくさんいて、、本当にありがたいわ。

看板

■これからの抱負を教えてください。

今後はもっと病院にステンドグラスをいれたいと思っています。
どこかで新しい病院が出来ると聞くと思わず立ち上がってしまうの(笑)。
病院を計画している方、お待ちしております(^.^)。

読売新聞販売店一覧

スタッフ募集